公式ECサイト制作・リニューアルの設計方法からデザインまでをご紹介

EC
公式ECサイト制作

公式ECサイト とは

「公式ECサイト」は、ショッピングカートや決済機能などを備えたオフィシャルのホームページのことです。商品の購入を希望するユーザーは、商品に関する情報を集めたり、会員登録をして商品を購入したりすることができます。

商品を販売する企業は、登録を行ったユーザーの情報をデータベースとして管理することで、商品の売れ行きを調べられるだけでなく、顧客としてアプローチがしやすくなります。

また、Amazonや楽天、Yahooなどの大型ECサイトとは異なり、自社商品の魅力をより効果的にPRできるだけでなく、ECサイトの運営を通じて企業価値を高めることにも役立ちます。そのため近年では大型ECサイトでも商品を販売しながら、あるいは完全に独立する形で自社の公式ECサイトを持つ企業が増加傾向にあります。

ネオインデックスでは、ハイクオリティな企業の公式ECサイトをフルオーダーメイドで構築し、デザイン面、システム面から幅広く販売戦略をバックアップいたします。

公式ECサイト の役割

公式ECサイトの役割は、前述のようにAmazonや楽天などの大型ECサイトと差別化した、自社独自の販売ルート、広報チャネルを確立することにあります。

大型ECサイトではサイト側が商品を一元管理する必要があるため、出品する企業側もサイト側のテンプレートに従う形で、ホームページへ商品を掲載する必要に迫られます。そのため、掲載する商品説明文の内容はもとより、期間限定商品の発売や企画、セールやポイント還元などのイベントの実施に至るまで、不自由な状態を強いられることがあるといわれています。

公式ECサイトでは、ホームページにアクセスしてくるユーザーに対して、自由にアプローチすることが可能となります。さらに、自社の顧客として取り込むことも可能となります。「公式のECサイトから買うほうが安心できる」といった“本物志向”なユーザーにも好印象を与えることができるのもメリットです。

さらに販売企画も幅が広く立案できるようになり、常により効果的な情報収集やPRについて模索することができるようになります。それまでの販路に限界を感じていたり、ユーザーからの声が届かなかったりすることを実感している企業には、公式ECサイトの導入をお勧めしています。

公式ECサイト の設計方法

公式ECサイトが優れたパフォーマンスを発揮するためには、下記1~7のような設計方法が大切であると当社は考えています。サイト設計におけるひとつひとつの意思決定のプロセスを大切にしながら、フルオーダーメイドのホームページ制作を行っています。

  1. ターゲット・ペルソナの設定

    1の「ターゲット・ペルソナの設定」では、まずは公式ECサイトにアクセスするユーザーの属性(年齢、性別、居住地など)を検証します。これを意識しないままホームページの設計を進めてしまうと、アクセスするユーザーにとって使いにくい構造になってしまうことも考えられるため、慎重な検討が必要になります。
    ペルソナと公式ECサイトの構造・デザインとが上手くマッチすれば、サイトでの滞在(アクセス)時間も増加し、売り上げ増加などの好結果が期待できるようになります。

  2. どの商品のどの部分を
    訴求するのか決める

    2の「どの商品のどの部分を訴求するのか決める」では、ペルソナを意識するのと同時に、販売したい商品とその商品の訴求ポイントを明確にしていきます。
    例えば、化粧品を販売したいにもかかわらず、公式ECサイトが適切ではないデザインでは購買意欲は掻き立てられません。サイトのデザインが商品のイメージをよりポジティブに、魅力的に感じられるように訴求ポイントを決めておく必要があります。

  3. PC・スマートフォンの
    割合による個別設計

    3の「PC・スマートフォンの割合による個別設計」は重要です。近年はフリーマーケットアプリの普及もあって、一般的にECサイト利用時にはスマートフォンからのアクセスが増加しています。だからといって、スマートフォンからのアクセスばかりを意識した設計にするのは早計であると当社は考えています。
    大切なのはPC、スマートフォンどちらのデバイスからアクセスしても、それぞれ見やすく適切で使いやすい設計になっていることです。また、販売する商品によっても表現は異なってくるため、設計には微調整が必要となってきます。当社が大切にしているフルオーダーメイドのホームページ設計では、それぞれの特徴・長所を意識した上で最良のデザインをしています。

  4. Amazon・楽天・Yahoo等 
    他ECサイトとの差別化を図る

    4の「Amazon・楽天・Yahoo等 他ECサイトとの差別化を図る」ことも大切な点です。Amazon・楽天・Yahoo等他の大型のECサイトでは、販売されている商品が異なっていても、同じテンプレートのページで商品販売が行われています。効果的な販売のためには、企業や商品のイメージに合うデザインにすることで、ブランドイメージを向上させたり、アクセスするユーザーに安心感を与えたりすることが大切です。公式ECサイトでは、このようにオリジナリティを創造し、差別化を図ることができます。

  5. アピールポイントの決定

    5の「アピールポイントの決定」では、公式ECサイトでは、独自の訴求点を設定することが可能です。例えば商品をアピールする際に大きな画像が必要な場合、画像がきちんと映えるサイトデザインを採用することもできますし、コンセプトストーリーが大切な場合にはテキストを見やすく配置したデザインを検討することもできます。このように、商品の特性に合わせて、アピールポイントを絞り込み、サイト設計をすることが可能になります。

  6. 購入までのプロセス、
    購入しやすい導線を構築

    6の「購入までのプロセス、購入しやすい導線を構築」では、ECサイトのデザインを美しいデザインにするだけでなく、使いやすく、購入までのプロセスがわかりやすい構造にするよう検討を加えます。ユーザーの関心を高めるデザインと、ユーザーが商品を購入しやすくなる導線の確保をバランスよく両立してこそ意味があると、当社は考えています。

  7. 『カゴ落ち』しない対策

    7の「 『カゴ落ち』しない対策」についても事前に検証を加えています。一般的にECサイトでユーザーが商品をカートに入れた後、その商品が購入されないことを『カゴ落ち』または『カート離脱』などと呼びます。ECサイトの運用においては、この『カゴ落ち』を減少させることが売上に直結するといわれています。
    『カゴ落ち』の原因によくあるのが「カートに入れていることを忘れていた」、「忘れたまま他のECサイトへ移動した」というものです。このようなことが起きないよう、設計段階から、プッシュ通知やメール送信機能などで対策したり、購入までの導線を整理したりして、『カゴ落ち』させないための対策を徹底しています。

ネオインデックスは、公式ECサイトの運営企業はもちろん、アクセスするエンドユーザーがメリットを感じられるホームページを実現しています。

公式ECサイト デザイン

公式ECサイトのデザインが、ユーザーの購買意欲に与える影響は計り知れません。ネオインデックスでは、企業や商品の特性に合った、適切で高品質のデザインを実現し、お客様が気持ちよく購入できる最良の公式ECサイトを制作します。

美しいデザインを施したサイトは、さながら優れた売り場担当者のいる、洗練された綺麗な実店舗のようなものです。商品の購買意欲だけでなく、企業・ブランドイメージの向上も狙えるようになり、「この公式ECサイトだから買いたくなった」、「この公式ECサイトだから安心できる」、「企業のホームページにもアクセスしたくなった」といったユーザーからの支持にもつながっていきます。

公式ECサイト 
リニューアルによるメリット

公式ECサイト用をハイクオリティにリニューアルすることで、売上の向上だけでなく、企業イメージの向上や、宣伝・広報効果の拡大を期待できるようになります。

ネオインデックスでは、ホームページのデザインからシステム開発まで一貫して、フルオリジナルで1ピクセルにまでこだわった高品質の公式ECサイトを構築します。そのため、企業は、ユーザーの顧客化や効果的で自由な販促計画の実施、直販による利益率の向上が期待できるようになります。

さらに、データを分析することで、新商品の開発や販促に使えるマーケティングも可能になり、業績をより大きく飛躍させられるようになるのです。

公式ECサイト ビフォーアフター

期間限定で、公式ECサイトのビフォー&アフターを公開しております。企業イメージ向上や、商品の魅力訴求まで詳細に検証を重ねた上で設計した、ハイクオリティな公式ECサイトをぜひご覧ください。

ビフォーアフターはこちら

公式ECサイト 制作実績

ネオインデックスでは、数多くの公式ECサイト制作を手がけてまいりました。クライアント様からは「制作実績のデザインが良いと思い、依頼を決めた」といった嬉しいお声も多く頂戴しております。ご依頼をご検討される際は、ぜひご参考にしていただけますと幸いです。

制作実績はこちら

まとめ

公式ECサイト用のホームページは、ユーザーにとって魅力的で使いやすいことを意識したデザイン・設計を行うことが大切です。ユーザーファーストの意識のもとつくられた公式ECサイトは、商品の売上のみならず、企業イメージの向上をも強く後押しします。当社は企業のEC事業が円滑に進むよう、常にハイクオリティなホームページ制作をお約束いたしております。

また、ホームページは制作して終わるものではありません。時代の流れに応じた更新作業が必要になります。特に公式ECサイトであれば新商品のリリースやイベントの開催にあわせた修正作業も必要になってくるでしょう。

当社の「コスパ定額制 30PLAN」であれば、こうした小さな更新・修正作業も、稟議書等を通さず、御担当者様からダイレクトかつスムーズにご依頼いただくことができ、小回りのきく、効率の良い公式ECサイト運営を実現することができます。

リニューアル無料相談

ホームページリニューアルや制作プランのご相談などお気軽にお問い合わせください。

ホームページをベストの状態へ

無料相談はこちら