リクルートサイト制作・リニューアルの設計方法からデザインまでをご紹介

RECRUIT
リクルートサイト制作

リクルートサイト とは

リクルートサイトとは、企業がよりよい人材を採用するための公式の求人用ホームページのことをいいます。就職活動をしている人は企業のホームページや転職情報サイトなど、他のWEBサイトや媒体よりも、企業のリクルートサイトからの情報・メッセージを重視する傾向があり、高品質のリクルートサイトは就職活動している人への訴求という点で高い効果が期待できます。

企業説明会や転職フェアのような就職・転職イベントに出展する企業は、リクルートサイトがあると、事前の告知やイベント後のフォローに有効に活用できます。また、イベントを行わない企業は、リクルートサイトが自社から就職・転職情報を発信するための唯一の求人用ツールとして重要な意味を持つことになります。

リクルートサイトは、コーポレートサイト内に設置するケースコーポレートサイトから独立して設置するケースがあります。さらに、リクルートサイトは求人種別で用途を分けることもあります。その場合は新卒採用向け、中途採用向けとするのが一般的です。

このように目的別にサイトを分けるのは、より的確に、企業が必要とする人材にメッセージを届けるためです。ネオインデックスでは、採用の目的に応じて、的確なリクルートサイトの構成をご提案しております。

上場企業では、コーポレートサイトとリクルートサイトを分離し、さらに新卒用と中途用でもWEBサイトを分離している場合がありますが、一般的には、リクルートサイトをコーポレートサイト内に設けていることが多いようです。

求職者に対する情報発信方法の手段は多様化しており、その流れで求職者へのメッセージングについても変化、多様化の傾向が見られます。当社に頂くホームページ制作、リニューアルに関するお問い合わせでも「ハイクオリティなリクルートサイトが欲しい」というご要望が多くなってきています。

当社では、変化を続ける就職・転職動向に対応するため、コーポレートサイトとリクルートサイトの分離を推奨していますが、コーポレートサイト内にリクルートサイトを置くケースでも、高い水準での対応を進めることができます。

リクルートサイト の役割

企業にとってリクルートサイトには、よりよい人材に、より多く応募してもらう役割があります。また、リクルートサイトの効用として、面接前に企業理念やポリシーを的確に訴求できるため、企業理念に共感した同じベクトルを持つ人材からの応募が期待できることもあげられます。

転職サイトの特集記事や他のWEBサイトなど、さまざまな就職・転職媒体での求人特集、転職イベント等で、時間やスペースの都合で伝え切れないことも、リクルートサイトでは制約なく、詳細に伝えられるメリットがあります。

例えば、企業風土や福利厚生、キャリアアップ制度、社内レクリエーションから、日々の業務の流れなど、よりくわしく、明確に企業の雰囲気などを伝えることができます。インターネットサイトや雑誌媒体など他のメディアと自社のリクルートサイトを併用することで、相乗効果は大きなものとなります。

コーポレートサイトにリクルートブログや採用ブログを設置し、そこで求職者に対してさまざまなメッセージを発信することで、企業としてのメッセージだけでなく、求人担当者の想いを伝えることも採用には効果的です。

リクルートサイトの効用は求人だけではありません。企業の姿勢や社員の働き方に関する情報を公開することで、クライアントだけでなく、新規顧客となる可能性のある企業にも、間接的に自社のさまざまな取り組みを発信する機会をつくることになり、ポジティブな印象を与えることが可能になります。リクルートサイトでは、それまでコーポレートサイトから発信していた情報とは別の視点から、企業の魅力を、より強い形で発信することが可能になるのです。

リクルートサイト の設計方法

ネオインデックスでは、クライアントごとにフルオーダーメイドでのホームページ制作にこだわっています。リクルートサイト制作でも、ご希望の奥にある詳細なニーズを引き出し、ターゲットを明確にし、「どんな人材に、どんなメッセージを伝え、共感して応募してもらうのか」といった構成を設計しています。

当社では、次の内容を明確にして、リクルートサイトの設計を進めています。

  1. ターゲット、ペルソナの設定
    (新卒、中途、年齢、性別、職種など)

    1のターゲット、ペルソナの設定では、企業が必要とする人物像を明確にします。優れたリクルートサイトは、メッセージを伝えたい相手が明確です。

  2. 何を訴求するのか

    2では、メインに訴求するメッセージを組み立てます。「誰に、何を伝えたいのか」をはっきりさせ、ホームページの方向性を正しく設定します。

  3. どのような優先順位で訴求するのか

    3で、優先順位をきめ細かく検証します。WEBサイトの平均ページビューは3.5閲覧と言われています。こういったデータを重視しながら、どのような優先順位で訪問者に確実にメッセージを届けるのかを決めておくことが重要になってきます。コーポレートサイトとリクルートサイトを分けることで、この優先順位をよりコントロールしやすくなります。例えば「代表者メッセージ」は、リクルート向けに的確な内容のものを用意することが可能になります。

  4. どのようにポリシーや理念を伝えるのか

    4のポリシーや理念の伝え方も、ネオインデックスでは、豊富な実績から、リクルートサイトでは企業風土や社風、キャリアアップ・スキルアップ制度などをポジティブに伝えるよう設計しています。
    例えば「座談会」ページを用意して、読みやすい会話形式で情報を発信したり、有給取得率などを統計データなどグラフや数字で表現したりすることも可能です。ワークライフバランスの良さをアピールする育児休暇取得率などのデータを図案化して示すことで、メディア的な表現を実現し、短時間で伝わる・美しいリクルートサイトを構築しています。

  5. 就職志望者から共感を得るデザイン

    5の就職志望者から共感を得るデザインでは、当社はフルオーダーメイドにこだわり、企業の文化を明確に伝えるデザインを実現して、就職・転職希望者が共感し、一緒に働きたいという想いを持ってもらえるようにします。

  6. スマートフォンでのアクセスを想定

    6では、スマートフォンファーストの設計を重視しています。近年、スマートフォンからインターネットへのアクセスの割合は80%以上だと言われています。当然、当社では、スマートフォンからのアクセスを重視し、PCとスマートフォンはレスポンシブかつ別設計として、最大限に配慮をしております。

  7. CVの設定

    7のCVの設定では、CV(コンバージョン)つまり、成果が出るまでの導線(セミナー、企業説明会、個人面談、応募など)設計も綿密に検証した上で決定しています。

リクルートサイト デザイン

リクルートサイトにおける高品質なデザインがもたらす効果は絶大です。ネオインデックスでは、新卒、中途、年齢、性別、職種など、応募者のペルソナにあったデザイン設計を実施することで、対象に好印象を持って頂けるようなデザインをしています。

WEBサイトのデザインはそのまま企業イメージになります。これはリクルートサイトだけではなくコーポレートサイトでも同様で、就職・転職希望者がアクセスしてきた際に「この会社に入りたい」と直感できるようにデザインしています。

リクルートサイトの訪問者が「企業ポリシーに共感できる」デザインにすることで、就職の第一志望として、評価されるようになります。当社では、就職希望者が「家族や友人に教えたくなるリクルートサイト」として好まれるデザインを実現してまいります。

リクルートサイト 
リニューアルによるメリット

リクルートサイトは、新卒用と中途採用でそれぞれ専用の採用ページを作成可能で、それぞれ専用ページに分けることで、条件の異なる応募者に最適な効果を期待できます。また、企業からのメッセージをコーポレートサイトとは異なる表現や手法を用いて、より多様な角度から訴求することも可能になります。

高品質なリクルートサイトの設計、デザインを施すことで、応募者の質は明確に向上し、結果として応募数も増加して、新規顧客やクライアントに対する好印象も期待できるようになります。

リクルートサイト ビフォーアフター

期間限定で、リクルートサイトのビフォー&アフターを公開しているのでご確認ください。リニューアル前とリニューアル後のWEBサイトを見比べて頂くことで、リクルートサイトの訴求効果の変化をご覧いただけます。

ビフォーアフターはこちら

リクルートサイト 制作実績

ネオインデックスのリクルートサイトの制作実績です。リクルートサイトの制作実績は、随時更新しております。クオリティと採用結果にこだわった実績をぜひご覧ください。

制作実績はこちら

まとめ

リクルートサイトには、企業文化を正しく就職希望者に伝え、企業ポリシーに共感したより良い人材を採用する役割だけでなく、企業の魅力や社会へのメッセージを広く社会にアピールする役割があります。様々な採用活動の中で、最も信頼され、効果を上げるのがハイクオリティなリクルートサイトなのです。

当社の「コスパ定額制30PLAN」なら、幅広くリクルートサイトの運用をサポートできます。新規に予算の稟議を通すことなく、ご担当者から弊社に対して修正のご依頼を頂くだけで、採用活動の強化に合わせた更新実施、あるいは新卒採用対応のため、定期的に情報の更新を行ったり、制度が変更等などに伴うWEBサイトの修正を行ったり、スムーズな対応を実現することができます。

リニューアル無料相談

ホームページリニューアルや制作プランのご相談などお気軽にお問い合わせください。

ホームページをベストの状態へ

無料相談はこちら